【今月の目標】

年少組 ・共通のイメージの中で、友だちと関わって楽しく遊ぶ

年中組 ・友だちと一緒に遊ぶ中で、相手の思いに気づいて話
      を聞く気持ちになる。
     ・自分のイメージしたことを色々な素材を使い楽しく
      表現をする。

年長組 ・グループの中で自分の考えを出し合いながら共通の
      目標に向かってみんなで進める楽しさを経験する。
     ・自分で作りたい物を素材を使い工夫してじっくりと取
      り組む。


 

 
【今月の約束】 

 ・使った道具をきれいに元に戻しましょう
 

 
【今月のうた】

年少組  犬のおまわりさん

年中組  山の音楽家

年長組  まっかな秋


 

 
【保育活動】

 
 

 
◇ 年 少 組

 朝晩とても肌寒くなる日が多くなりました。子どもたちも「今日、寒かったからセーラー来てきたんだ!」「僕は長袖にしたんだよ」と気温の変化を体で感じているようです。
 また園内にはどんぐりや葉っぱが沢山落ちています、子どもたちはペットボトルで作ったカゴを持って「またまんまるどんぐり見つけた!」「このトゲトゲはなーに?」とどんぐりやどんぐりの帽子を拾ったり「この葉っぱ赤と緑だね」と紅葉し始めた葉っぱに気付く子もいました。
 アスレチックでは「一人で出来るようになったんだよ」「先生、見ててね」と今まで出来なかったことや難しかったことにも挑戦する姿が出てきました。仲良しの友だちができ、相手がやっている姿を見てやってみたくなるのでしょう。出来るようになったことが自信につながり、生活全般にも活気が出てきましたがその自信が無茶な行動からの怪我につながらないよう、アスレチックの正しい使い方や日々の約束事を再度確認しながら生活をしていきます。
 先日、大きな模造紙に絵の具の筆でお散歩をするように描きました。筆は立てて持つ、絵の具を容器の縁でしごいてから描くなど筆の扱い方も伝えるねらいを持って行いましたが普段使っているマーカーやクレパスとは違う筆の感触を楽しみながらのびのびと描いていました。のびのびと描く中で「ママ」「キリン」と形になる子、「緑になっちゃった!」と色が混ざるのを楽しむ子など様々な姿が見られました。
 作品展に向けて、興味のわきそうな教材を提供し、やってみたいと思う気持ちを引き出してその素材からイメージして作った作品を当日展示致します。どうぞご家族でゆっくりご覧ください。
 

 
◇ 年 中 組

 肌寒くなる日も多くなり、「涼しいから遊び着にしようかな」「今日はエプロンにする」と気温を感じて、自分で衣服の調節をしています。
 気持ちの良い秋晴れの日には「外に行ってもいいかな?」「園庭当番の先生いるから大丈夫だよ」と自分たちで確認しながら外に出て、鬼ごっこ等身体を動かして元気に遊ぶ姿が見られます。氷鬼やドンジャンケンが人気で、「僕も入れて!」「私もやる」と友だち同士誘い合いながら、他クラスと混じって遊ぶことで楽しさを感じているようです。
 10月のはじめに畑に白菜、キャベツ、ブロッコリーの苗を植え、カブの種も蒔きました。「カブの芽たくさんでたね」「大きくなってきたね」と成長の様子を見ています。天候不良が続き根腐れをしてしまった苗もありましたが野菜が育つためには水も必要だけど、お日さまの光も沢山あびると大きくなることにも気付いていました。「こっちは元気に育つといいね」「おいしい野菜になるかな〜」「いつできるかな?早く食べたい」と今から楽しみにしています。
 さて、室内では空き箱や牛乳パック、プリンカップ、トイレットペーパーの芯などの材料を使い、剣や車、動物等作っています。自分の作りたい物のイメージがはっきりしてきて、「ここに穴を開けたいから手伝って」「ガムテープでつけたい」等、具体的にこちらへ要求してくるようになりました。難しい部分は本人の考えを聞きながら一緒に作っています。運動会後も忍者ごっこの遊びが続き遊びに使う剣を作ったり、手裏剣作りにも夢中になっています。作りたいものの要求に応えるられるように教材も沢山準備していきます。
 秋の気配を感じた子どもたちから「この葉っぱきれいだね」「くぬぎのドングリ沢山拾ったよ」と落ち葉でこすり絵をしたりドングリでコマを作り遊ぶ姿も見られます。季節の変化を感じながら、作品展に向けて物作りや描くことをじっくり楽しんでいこうと思います。
 

 
◇ 年 長 組

 気持ちの良い秋晴れの中、先日は南台幼稚園との交流会を行いました。お互いのクラスや先生の紹介をした後、クラス対抗で「パネルめくり」と「玉入れ」をしました。ゲームの後はホールでシートを並べて食事をとりました。始めは緊張や恥ずかしさから、なかなか南台の友だちに声を掛けられずにいましたが、「一緒に食べよう?」と食事に誘ったり、時間が経つにつれて少しずつ会話も出来、食後には手を繋いで楽しそうに園内を探検する子ども達の姿もありました。「ここがアスレチックだよ!」「バッタはこの上の原っぱによくいるんだよ。」と自信満々に案内をしていました。帰る頃には「もう帰っちゃうの?」と、ほんの数時間一緒に過ごしただけで、すっかり新しい友だちができた気分になったようです。南台の子ども達も満喫できたようで、「狭山最高ーー!」と楽しそうにバスに乗って帰っていきました。さつまいも掘りの時に再会できるので、その日を楽しみにしていました。そして、おいも掘りの当日に再会したのですが、それぞれが掘ることに夢中で手がドロだらけになることも気にせず、一生懸命だったので、話しをする間もありませんでした。南台幼稚園からお礼のお手紙も届いています。これから、手紙交換も始まることでしょう。
 さて、11月の作品展に向けて活動はどんどん始まっています。作品展では、色々な素材を使い自分でイメージしたものを、考えたり工夫しながらじっくりと取り組んで完成させる「個人作品」と、互いのイメージを伝え合い、共通のイメージの中で役割を決め、意見を交換しながら力を合わせて楽しく完成させる「共同作品」があります。どの作品も今までとは違い、作るまでに時間がかかったり、根気の要る細かい作業が多いのですが、その分出来上がった時の達成感が大きいものです。作品展の時はお子様とご覧になりながら、どこが難しかったのか、工夫したのか、楽しかったのか等、出来栄えだけでなく完成するまでの過程や思いを聞きながら見ていただけたらと思います。
 

 
 
最終更新日
2018.11.7